術後のダウンタイムの目安を紹介

術後のダウンタイムの目安を紹介

 

アイランドタワークリニックで手術をした後、どのくらい安静にしていなければならないのかを調べました。
この安静にする期間をダウンタイムといいます。
ダウンタイムが短ければ短いほど、仕事や学校への復帰も早くなるということですね。

 

色々なケースをQ&A形式で紹介

ダウンタイムと言っても歩けるようになるまで、お風呂に入れるようになるまでと様々。
ということで一つずつ簡単に答えてみました。

 

 

いつ退院できますか?

手術した当日には退院可能です。
3時間から6時間程度の手術時間なので午前中着て午後に帰る形です。

 

術後の入浴はいつから?

手術当日ははいることはできません。
入浴は翌日から可能です。

 

また、当日でもシャワーで体や頭を洗い流すことはできます。
頭は傷口にバイ菌が入るかもしれないのでここでしっかり洗うことが大事です。

 

カツラはいつから付けれますか?

手術の3日後から着用できます。
留め具などが傷口に当たるようならちょっと場所をずらすなどの工夫をしなければなりません。

 

仕事はいつから行くことができますか?

重労働でなければ翌日から可能です。
重労働の仕事であれば1,2週間の安静が必要です。

 

また、前頭部の手術の場合にはまぶたが1週間ほど晴れることがあります。
なので接客業やモデルなどの場合は様子を見たほうがいいでしょう。

 

まとめ

なんとアイランドタワークリニックでは日帰りの手術ができるんですね。

 

公式より

 

メスを使って切り開くことがないのでダウンタイムが非常に短いんです。
手術に1日かかるので仕事帰りに手術、ということはできないですが社会人の方でも十分行くことができる時間じゃないでしょうか。